急な単身赴任を命じられたら|引っ越し業者に依頼しよう

積み木と玩具のトラック

リストが便利です

引っ越し業者を決めるのにポイントとなるのは、見積もりです。複数の業者に見積もりを出してもらい、サービス内容など比較するとよいです。また、荷物は使う分だけのものを残し、今必要ないものは早めに梱包するようにします。引っ越しの準備は時間がかかるので、段取りよく引っ越しするためにも、計画をたてておきましょう。

作業員

業者探しは見積もりが大事

新しく新居へ引っ越しを行なうには業者依頼や準備などが必要になってきます。特に引っ越し準備では必要なものや処分するものを仕分けなければならないため、準備に時間がかかってしまうのです。また、業者へ依頼する際には混んでいる状況や費用などの確認も忘れないようにしましょう。

単身者の引越し業者選び方

荷造り

業者選びはココをチェック

単身赴任で新生活を始める時、必ずやらなければならいなのが「引っ越し」です。引っ越し業者には、単身者向けのプランが用意されていますが、いくつもの業者の中から何を基準に選べば良いか、迷う方も多いのではないでしょうか。そこで、単身赴任で引っ越しをする際、業者選びのポイントをご紹介しましょう。まず、一口に単身者の引っ越しといっても、荷物の量や家具の大きさ、引っ越し先までの距離など様々なです。荷物が少ない場合に利用されるのが「単身パック」です。単身パックは、それぞれの業者が用意している専用のコンテナなどに荷物を入れて引っ越しを行うサービスです。運べる荷物に制限があるのがデメリットですが、その分費用を抑えることができます。また業者によっては単身赴任先の住居で、家具家電のレンタルサービスを行っているところもあります。最低限の荷物だけで安く引っ越したい方にはおすすめのサービスです。家財が大きかったり荷物が多い場合、単身者パックでは専用のコンテナなどに荷物が入りきらない場合があります。その場合、コンテナを増やすよりも、通常のプランの方が安くすむことも多いので、運ぶ荷物の量や大きさとプランが合うかどうかを確認しておく必要があります。また見積もりは、自宅に訪問してもらって出してもらった方が良いでしょう。単身者向けの引っ越しの場合、電話だけでの見積もりで済ませてしまう場合もあるようですが、電話だけではトラブルのもとになるケースがあります。作業員の数、段ボールは用意してくれるのか、手配したトラックに荷物が入らない場合はどうするのか、単身赴任先訪問見積もりをしてもらって不安なところを解消しておきましょう。

箱を持つ人形

時間の確保が大切

業者の決定、荷造り、業者による積み降ろしが引越しの流れとなっています。この中で荷造りは最も大変な作業なので、時間を確保することが大切です。物の量から荷造りに必要な時間を予想し、計画を立てることによってスムーズな作業を実現可能です。